丸の内OLとは、どこからどこまで?意味や定義を徹底調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
丸の内OLとは?どこからどこまで?意味や定義について

学歴&職歴不問! 20代の就活を徹底サポート↓

無料でUZUZのキャリア面談を受ける

「丸の内OL」は、昭和後期から使われるようになった造語です。

そもそもどこからどこまで「丸の内」なのか?丸の内OLは何を指すのか

この記事では、丸の内の歴史と共に「丸の内OL」の意味や定義についてまとめました。

目次

丸の内OLとは?どこからどこまでを指す?

丸の内OLとは?

丸の内OLは造語なので、決まった意味や定義はありませんが、歴史や現在の使われ方から判断すると、

丸の内OLとは…「丸の内・大手町・八重洲・日本橋・京橋・有楽町」にあるオフィスで働く女性

を意味することが多いです。

丸の内OLの働く場所を地図で詳しく見ると、こんな感じ↓

丸の内OLはどこからどこまで?
引用:Googleマップ

赤い線で囲われた部分にある会社に勤める女性を「丸の内OL」と指すことが多いです。

ただ実情としては、住所が丸の内・大手町あたりで働く女性が丸の内OLと言うでしょう。

範囲としては日本橋や京橋あたりまで丸の内エリアです。

丸の内の歴史について

丸の内OLの意味

現在東京には「丸の内」という駅はありませんが、東京駅の住所「丸の内1丁目」にあります。

丸の内(まるのうち 、英: Marunouchi)は、東京都千代田区の町名。(中略)

隣接する大手町・有楽町・八重洲・日本橋・京橋とともに、日本最大のビジネス街を構成している。

「wikipedia:丸の内」より引用

「丸の内」自体は東京駅の西側にある町名になりますが、「丸の内OL」の場合の「丸の内」は、ビジネス街全体を意味しています。

江戸時代の丸の内

街中にある丸の内の江戸時代MAP

丸の内周辺を歩いていると、街中で「この付近の江戸時代」という昔の地図を見かけることがあります。

こちらが江戸時代末期の丸の内周辺です。

中心にあるのが江戸城(現在の皇居)で、その周りに仕える大名(親藩・譜代大名)のお屋敷がありました。

地図上で丸が描かれているのがわかると思いますが、丸の内側なので「丸の内」です。

江戸時代の「丸の内」は、外堀で囲われている「武士の街」だったのです!

その後オフィス街へ生まれ変わる

丸の内OLとは

明治維新以降の丸の内は、陸軍練兵場として利用されていましたが、練兵場が場所を移転してからは、さびれて行ってしまいます。

そこで政府は開発するために、土地の売却を図り、最終的に三菱がこの土地を手にしました。(今でも三菱「丸の内の大家」と呼ばれるほどです)

そして1894年に、最初のオフィスビルとして「三菱一号館」が建てられました。(現在の三菱一号館美術館は、このビルを復元したものです。)

この時、三菱がモデルにしたのが「ロンドン」だったため、赤煉瓦造りのビルが多く建設されました。

ちなみに現在は、西新宿にある東京都庁ですが、かつてはこの丸の内にありました。開発したい街に役所が建築されるのはよくある話ですね。

こう見ると、江戸時代の中心とも言える丸の内に、大企業が集まるのも納得ですよね。

OLの意味や定義について

丸の内OLno意味や定義

次にOLの意味について見ていきましょう。

OL(オーエル、office lady の略)は、会社勤めの女性事務員を意味する和製英語

「wikipedia:OL」より引用

OL(オーエル)」は、1963年に週刊誌「女性自身」が公募により、新しい時代の働く女性を指す造語として、読者投票によって生まれた言葉です。

当時の女性は、事務職に就く人が多かったので、意味的には現在の「一般職」を指していたと思われます。

しかし、現在では「一般職」「地域総合職」と名称を変更している企業もあり、OLというと働いている女性を意味することが多いです。(そもそもOL自体もあまり使われる言葉ではありませんが…)

なので、「丸の内OL」=「丸の内あたりのビジネス街で働く女性」を意味していて、職種による差はあまりないでしょう。

丸の内OLは一種のステータス!?

雑誌でも「丸の内OLの着こなし」・「丸の内OLの真実」などと数々の特集を組まれているだけあって、「丸の内OL」はいつしか一種のステータスにもなっているようです。

確かに江戸時代では大名のお屋敷があり、現代では数々の大企業が本社を置く「丸の内」なので、憧れの地となるのも頷けますね!

就活中の大学生におすすめの記事

転職したい人におすすめの記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次