港区OLとは?勤務イメージや平均月収を調べてみた!【新卒採用向け】

当ページのリンクには広告が含まれています。
港区OLの年収や勤務イメージは?

学歴&職歴不問! 20代の就活を徹底サポート↓

無料でUZUZのキャリア面談を受ける

東京中心にある日本最高級地区の港区ですが、そこで働く港区OLの収入は高いのでしょうか?

本日は、新卒採用である港区OLの初任給、年収について調査をしました!

本記事でわかること

✔️港区OLの勤めている企業
✔️港区OLの初任給の平均
✔️港区OLの収入は高いのか(東京都全体と比較)

目次

港区OLとは?

港区OLは、港区の企業に勤める女性を指します。(港区女子とは別概念です。)

丸の内OLと比較すると勤務エリアに大きな差があります。

港区OL
丸の内OL
  • 表参道・青山エリア
  • 赤坂・溜池山王エリア
  • 浜松町・田町エリア
  • 六本木エリア
  • 新橋・汐留エリア
  • 品川エリア
  • 東京駅を中心とするエリア
    (丸の内・大手町・八重洲・日本橋・京橋・有楽町)

港区OLの年収は高い!?

港区OLの年収は高い?

結論から言えば、港区OLの収入は、職種や勤務形態によって変わり、年収も様々です。

大企業で総合職として勤めている港区OLであれば、かなり年収は高くなってきますが、一般職の場合は特別高いとは言えません。

とは言っても、港区OLの収入実態をもう少し詳しく知りたい方もいるでしょう。

そこで本記事では『就職四季報女子版2024年版(東洋経済新聞社)』に掲載されている企業1218社の中から、港区に本社がある企業(151社)のデータをピックアップしてまとめました!

調査に使用したデータ

✔️港区に本社がある会社のデータ
✔️新卒採用している会社の業種
✔️総合職・一般職の初任給

※あくまでも掲載のデータを集計した結果であり、実情とは異なる場合がございます。

港区OLの勤務イメージは?

港区OLの勤務イメージ

『就職四季報女子版2024年版(東洋経済新聞社)』に掲載されている1218社のうち、港区に本社がある企業(151社)をピックアップした結果、メーカー(素材・身の回り品)系の会社が一番多いことがわかりました。(素材や身の回り品は、化粧品や食品を指しています。)

その次が同率でメーカー(電機・自動車・機械)・サービスで、3番目が通信・ソフトとなっており、主に開発系の企業が多いようです。

確かに、港区のオフィス街である品川駅にはソニーやキャノンといった世界的に有名なメーカーがありますので、この結果も納得ですね。

港区は開発系の会社が多めです。

データから見る港区OLの収入

港区OLの収入

ここからは、港区OLの中でも、総合職と一般職の平均収入(初任給)についてデータをまとめました!

総合職と一般職の違い

正社員(総合職)企業内の中核業務をこなす職種。将来の幹部候補でもあります。
正社員(一般職)総合職の補助業務を行う職種。事務作業がメイン。

総合職港区OLの場合

総合職港区OLの初任給の平均は、おおよそ22万9千円です。手取りにすると、おおよそ19万〜20万です。

毎月同じ金額+ボーナスが夏・冬合わせて2ヶ月分だと仮定した場合の年収は、321万2千円になります。

残業や手当がつけば、これにさらにプラスされます◎

業種別の平均月収(初任給)の一覧はこちら

業種平均月収(初任給)
全体¥229,442
マスコミ¥245,250
コンサル等¥235,869
通信・ソフト¥235,869
商社・卸¥237,291
金融¥221,925
メーカー(電機・自動車・機械)¥227,228
メーカー(素材・身の回り品)¥224,294
建設・不動産¥239,955
エネルギー¥235,251
小売¥204,667
サービス¥221,555

厚生労働省の『令和4年賃金構造基本統計調査』によれば、大卒女性の平均初任給は22万7200円なので、総合職港区OLの平均はそれより高い水準になっています。

総合職港区OLは、全国大卒女性の平均初任給より高い水準となっている。

一般職港区OLの場合

一般職は総合職より給料が低くなりますが、転勤がないなどのメリットもあります。

一般職港区OLの初任給の平均は、おおよそ20万1千円です。手取りにすると、おおよそ16万〜17万です。

毎月同じ金額+ボーナスが夏・冬合わせて2ヶ月分だと仮定した場合の年収は、282万1千円になります。

業種別の平均月収(初任給)の一覧

業種平均月収(初任給)
全体¥201,551
マスコミデータなし
コンサル等データなし
通信・ソフト¥209,533
商社・卸¥203,433
金融¥191,950
メーカー(電機・自動車・機械)¥195,106
メーカー(素材・身の回り品)¥197,943
建設・不動産¥212,875
エネルギーデータなし
小売¥205,000
サービス¥204,550

厚生労働省の『令和4年賃金構造基本統計調査』によれば、大卒女性の平均初任給は22万7200円なので、一般職港区OLの場合はそれを下回る結果になりました。

データなしの場合は、そもそも一般職の採用がない場合もあります。

一般職港区OLは、全国大卒女性の平均初任給より低い水準となっている。

港区OLの平均VS東京都全体の平均

厚生労働省の『令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)』※からわかる、東京都の大卒女性の初任給の平均21万6200円です。

※この調査は、令和元年をもって終了しているため、最新のデータが令和元年となっています。

港区OLと比較すると、こんな感じ↓

初任給の平均
東京都の大卒女性21万6200円
総合職港区OL22万9442円
一般職港区OL20万1551円

総合職港区OLは東京都の平均よりも高いですが、一般職はやはり下回る結果になりました。

ただ、最近では一般職の採用がそもそもなかったり、総合職と一般職の差を無くしていたりする企業も多いので、行きたい企業について個別に調べることをおすすめします。

丸の内OLと港区OLの年収の比較

丸の内OLと港区OLの初任給の平均を比べてみました。

丸の内OL港区OL
総合職23万9000円22万9442円
一般職19万3000円20万1551円

丸の内エリアには金融企業が多くあるからか、総合職で比べた場合、港区OLよりも丸の内OLが1万円ほど初任給の平均が高い結果になりました。

一般職で比較した場合は、港区OLの方が平均が高い結果でした。

実際はこれに残業代や手当がプラスされて、もっともらえることもあります!

参考文献

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)

令和4年賃金構造基本統計調査

就職四季報女子版2024年版 [ 東洋経済新報社 ]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次